女性からアプローチしてはいけない3つの理由


https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK86_hartwoprezentsuruyo1039-thumb-1000xauto-16549



スポンサードリンク

好きな人ができたら、相手を褒めたり、自分の良い面をアピールしたり、食事に誘ったりと、自分から積極的にアプローチする女性が増えました。

逆に、 女性からアプローチして欲しいと思っている『受身系男子』が増えたので、お互いの思いが一致して、女性からアプローチして付き合うカップルが多くなりました

しかし、女性からアプローチして付き合った場合、『彼氏にこんなに尽くしているのに、彼氏が愛してくれない』といった状態が起りやすく、上手くいかない場合があります。

女性からは何もしてはいけない

全てのカップルに当てはまるものではありませんが、男性の本能から考えると、男性が女性を追い求める恋愛スタイルの方が上手くいきやすいのです。なぜ女性からアプローチしてはいけないのか?その理由を3つご紹介します。



スポンサードリンク

女性からアプローチしてはいけない理由 『男性には狩りの本能がある』

どれだけひ弱な男性でも『狩りたい』という本能を持っています。ただ、その能力が低いため表に出していないだけです。

自分が狙った獲物をどうやって仕留めるか、あれこれ作戦を考えて、実行して、仕留める。仕留めるまでに苦労した獲物ほど、喜びも多く、大切にしたいと思います。

これは恋愛にも当てはまり、好きになった相手にどうやったら自分を好きになってもらえるか考え、女性にアプローチして、付き合う。

そうやって自分が苦労して手に入れた愛は大切にしようとします。 女性からアプローチされて付き合った場合は、狩りの本能が刺激されず、物足りなさを感じるんですね。

彼女が自分を求めてくれてるので、大切にしなくても良いと思うのです。そして、退屈になり、彼女への興味も失い、浮気したり、別れを告げられることになるのです。

男性は付き合った時が幸せのピーク

速度には違いがありますが、 全ての男性は『付き合った時が幸せのピーク』です。あとは段々と熱が冷めていきます。

女性は付き合った後でも恋愛感情を高めていけると思いますが、男性はそうではありません。なぜなら、 男性は獲物を仕留める事=付き合う事が目的であり、付き合った時点で目的は達成されたからです。

苦労して手に入れた愛だったら、その後も幸せは続くかも知れませんが、苦労せずに手に入れた愛の場合は、幸せのピークも低いし、すぐに冷めてしまうのは当然なのです。

女性からアプローチしてはいけない理由 『男性は感謝しない』

女性社会はギブアンドテイクで、友達に何かやってあげたら、その分以上のお返しがありますよね。やってもらった事に感謝しているから起る行動です。

だけど、 男性社会にはギブアンドテイクの風習はありません

ビジネス上では『お返し』をしますが、それは自分に有利に働かせるための戦略であって、感謝しているからではありません。

男性社会は勝ち負けなので、 『何かしてあげる側が負け、何かしてもらう側が勝ち』という意識があります。

なので、女性からアプローチした場合、男性の中では『オレは勝った』と思っています。殿様になった気持ちで、女性から何かしてもらう事ばかりを考えるようになります。

殿様なので『お返し』をしなくても問題ありません。その結果『こんなに尽くしているのに、愛してくれない』という状態に陥ってしまうのです。

女性からアプローチしてはいけない理由 『男性はコントロールしたいと思っている』

 男性は上からものを言われるのが大嫌いです。

上でお伝えしたように、男性社会は勝ち負けなので、上下関係が発生します。上に立った者が下の者に対して命令して、下の者はそれに従うのです。

男性なら誰でも上の立場になりたいと思っているので、上からものを言われる事で、自分の立場が下になったような気がしてイヤなんですね。

そして下の者は上の者にコントロールされる存在です。上の指示に従って行動するので、表面的には責任を負わずに済むので楽だと思いますが、奥底では自分が下になっている事に不満を感じるのです。

これは恋愛にも当てはまり、彼女がデートコースを決めたり、レストランを予約したり、話題を提供したりするなど、 彼女に恋愛をリードされると、自分の立場が下になったように思えて、不満に感じるんですね。その結果自分からは何もしないダメ男になっていくのです。



スポンサードリンク


コメントを残す