なぜ女性は結婚すると幸せになれないのか?


bd46c0d0686f9d849f1a44f3cdecaa48_s



スポンサードリンク

結婚して幸せになるのは男性だけで、女性は幸せになれない。

独身の時は『結婚したい』と思うのは女性が多いと思いますが、 離婚したいと思うのも女性が圧倒的に多い状況です。

司法統計によると、離婚の申立件数のうち、妻からの申し立てが7割以上となっていて、圧倒的に結婚に対して不満を持つのは妻のようです。

なぜ女性は結婚すると幸せになれないのか?

その理由を知ることで、結婚によって幸せになれる糸口が見つかるかも知れません。



スポンサードリンク

 養ってもらう必要が無くなった

昔は、女性が結婚する理由は『夫に養ってもらう為』でした。日本の社会は男尊女卑の考え方が強く、女性が外でバリバリ働く事を良しとしない状況だったので、多少不満があっても生きるために仕方なく結婚生活を続けていたのです。

だけど、今は違います。 女性でも十分に家族を養えるだけの収入を得る事ができます。仕方なく結婚生活を送る必要がなく、嫌だったらさっさと別れる事ができます。

幸せになる為に、本当に結婚は必要なの?

今の結婚する理由は『生きていく為』ではなく『幸せになる為』ですが、結婚した友達から『夫の不満』をたくさん聞いたり、テレビや雑誌などで離婚問題を取り上げているのを見ると、『結婚しても、不満ばっかりで幸せになれないのでは?』と思って、結婚=幸せというイメージがつかないという人が増えていると思います。

 妻の役割が『家庭』から『仕事と家庭』になった

これまで、 妻の役割は『家庭を守る事』でした。しかし夫の収入だけではやっていけない時代になり、妻も働くようになった今、『家庭を守る事』だけが妻の役割ではなくなりました。

家庭の状況が物理的に変わったのだから、普通は夫も妻も『仕事と家庭』の両方の役割をこなすはずです。

しかし、社会の意識はまだ『男は仕事、女は家庭』という状態なので、夫の役割は変わらず仕事だけですが、妻は昔からある『家庭』という役割に『仕事』という役割が増えたのです。

結婚生活の満足度を下げる大きな原因に『家事育児』があり、家事育児の時間が増えると結婚満足度は急速に下がります。しかも仕事もしないといけないのだから、不満が溜まって当たり前でしょう。

 結婚して得られる心理的メリットが無い

女性は、小さい時から他人と気持ちを共有してきました。相手の気持ちに共感したい、自分の気持ちに共感してほしいという気持ちが強く、ツライ気持ちとか悲しい気持ちを打ち明ける事に抵抗がありません。

 心のケアをしてくれる他人が周りにたくさんいるので、結婚相手にそれを求める必要がないのです。

ケアをしてもらうどころか、夫のガサツな行動や、家事を手伝わない事、身勝手な考え方に、心が傷つけられる事の方が多いでしょう。



スポンサードリンク


コメントを残す