彼氏と喧嘩した時に言ってはいけない5つの言葉


OZPA_mouyurusanaihodonikashimeru500



スポンサードリンク

彼氏と喧嘩すると、つい『勝ちたい』と思って色んな言葉を掛けてしまいますよね。大体は彼女の方が弁が立つので、彼氏は防戦一方になるか、黙り込んでしまうと思います。

彼女の言葉をずっと覚えている

彼氏は防戦一方になるので、必然的に彼女から浴びせられる言葉をたくさん聞くことになります

彼女も今までの不満を一気にぶちまけるので、中には『そこまで言わなくても良いのに、、、』と思うような厳しい言葉もあって、彼女に対する気持ちが冷めてしまう場合もあります。

彼氏の気持ちが冷めてしまわないように、今からお伝えする5つの言葉は、喧嘩しても使わないようにしてください



スポンサードリンク

言ってはいけない言葉 『なんでOOもできないの?』

 男性は自分の能力を認めて欲しいという欲求が強く、『OOできない』と能力を否定されるような言葉を掛けられるのをとても嫌います。例えば連絡をしない彼氏に対して『なんで連絡もできないの?』と言うと、『連絡してるよ!』と反論してしまうんですね。

言ってはいけない言葉 『情けない』

 男性は人から頼りにされたいと思っているので、『頼りない』という言葉を掛けられるのを嫌います。特に『情けない』という言葉を言われると、頼りにされないし、存在自体が否定されたような気分になり、かなり落ち込んでしまいます。

言ってはいけない言葉 『絶対、いつも、全然』

『全然連絡してこない』とか『いつも口ばっかり』など、断定的に言われる事を男性は嫌います。

女性はツラい気持ちを表現する為に断定的な言葉を使っているのだと思いますが、男性は感情を察する事が苦手で、事実を見てしまいます。その為『全然連絡しない』と言われると『連絡はしている』と反論したくなるんですね。

言ってはいけない言葉 『OOさんに比べてあなたは、、、』

男性社会は競争なので、 他人に勝ちたいという欲求を強く持っています。なので『あなたは他人に劣っている』と言われるとカチンとくるんですね。特に『彼女との共通の友人』や『彼女の父親』など、身近にいる男性だと敏感に反応します。

言ってはいけない言葉 『そんなんだから仕事もウマくいかないのよ』

男性にとって 仕事は楽しみであり、生きがいであり、自分を表すためになくてはならない存在です。

仕事が上手くいく事が人生の喜びであり、エネルギーの大部分を注ぎ込んでいます。なので、仕事を否定されると自分を否定されたような気持ちになって、相当心に響きます。



スポンサードリンク


コメントを残す