彼氏と喧嘩しない7つの方法


2c7aa176baa2103a50fd91bc9eb6a967_s



スポンサードリンク

できれば彼氏と喧嘩したくないですよね。

 イヤな事を言って、彼氏を傷つけてしまうし
 イヤな事を言われて、自分が傷つくし
 喧嘩した後に仲直りするのが大変

喧嘩できるぐらい気持ちを伝え合える仲にはなりたいけど、喧嘩はしたくない。彼氏といつも楽しく過ごせるような関係を作りたい。と思っているあなたに、彼氏と喧嘩しない方法を3つご紹介します。



スポンサードリンク

彼氏と喧嘩しない方法 『気持ちを伝える』

喧嘩する原因は色々とありますが、いきつくところは 自分の気持ちを分かってくれないという不満だと思います。

 彼氏が連絡をくれなくて、寂しい気持ち
 彼氏からデリカシーのない言葉をかけられてムッとした気持ち
 自己チューな行動にイライラしている気持ち

彼氏に自分の気持ちを分かって欲しくて伝えるのですが、彼氏を責めるような言い方になってしまうと、彼氏は『攻撃された』と思って防御に出て、それがケンカに発展するのです。

彼女『最近全然連絡してこないよね』
彼氏『えっ、連絡してるつもりだけど?』
彼女『そんな事ない!こっちが連絡してるのに返信しないじゃない!』
彼氏『俺だって、仕事とか忙しいんだよ!』

『連絡してくれなくて寂しい』という気持ちを伝えたいのに、彼氏を責めてしまう言い方になる事でケンカに発展します。

男性は会話を『勝ち負けを決める行為』として捉える傾向があって、彼女から責められたと思うと、彼女を思いやるよりも『いかに彼女に勝つか』を考えてしまいます。

 彼氏に『責められた』と感じさせない為に、自分の気持ちを伝えるようにします。

『最近連絡が少ないから寂しい』とか『最近言い方がきつくなっていてツライ』という感じで素直に気持ちを伝えると、彼女を悲しませている事に罪悪感を感じて、『どうしたら彼女の気持ちをフォローできるか』を考えるようになります。

彼氏と喧嘩しない方法 『彼氏の努力を認める』

彼氏に不満を伝える時に

 全然OOしてくれない
 絶対OOしないじゃない
 いつもOOだよね

というように、 断定的な言葉を使っていませんか?

自分の気持ちを強調するためにこのような言葉を使うのだと思いますが、理性的に考えたい男性は、少しでも違う事実があると思うと『イヤ、前にOOしたよ』と否定したくなります。

彼女からすれば『それぐらい辛いという事を分かって欲しい』と思っているのですが、男性は理性的に考えたいと思っているので、違う捉え方をしてしまうんですね。

不満を伝える時に、 彼氏の努力を認める言葉を使ってみてください。男性は『自分の力で助けたい』という願望を持っているので、自分の力を認めて欲しいと思っています。それを分かっている事を伝えてあげるだけで、安心して彼女の不満も聞き入れやすくなります。

 連絡しようとしてくれてるけど、最近連絡が少なくて寂しい
 仕事が忙しいのは分かるけど、最近会えないから寂しい
 前より言い方が優しくなったけど、もう少し気遣って欲しい

彼氏の努力を認める言葉を前に置くことで、柔らかい感じで不満を伝える事ができて、喧嘩に発展しないようになります。

彼氏と喧嘩しない方法 『不満は具体的に話す』

特に彼氏が理性的な男性の場合は、 自分の行動や言動のどこが悪かったのか理解できないと、彼女の不満を受け入れようとしません

例えば『最近連絡してこない』と不満に思っている場合、どのぐらいの頻度で連絡が欲しいのかを具体的に伝えないと納得できません。

『1日に1回連絡が欲しいのに、最近は2日に1回になっている』という感じです。理性的な人は感情をくみ取る能力が乏しいので、頭で理解できないとイライラしてしまうのですね。

ぜひ彼氏に不満を伝える時は具体的に伝える事を意識してください

彼氏と喧嘩しない方法 『カフェで話す』

喧嘩に発展しないようにするには、 話し合う環境も大切です。

お互いの家だったり、車の中だったり、二人だけしかいない空間で話すと、つい言いたい事を言ってしまって、だんだんとエスカレートしてしまいます

周りに人がいる空間で話すと、汚い言葉を使えないし、大声も出せません。暴力を振るわれる事もないでしょう。

特にオススメはカフェです。心地よいBGMが流れるカフェで、リラックスしながら話す事で、建設的な話し合いができます。

彼氏と喧嘩しない方法 『週末の日中に話す』

話し合う環境と合わせて、話し合うタイミングも重要です。疲れている時とか、興奮している時に話すと、ちょっとした事でイライラしてケンカになってしまいます。金曜日の夜に何も食べていない状態で話すのが一番NGな状況ですね。

金曜日の夜がNGな理由
・仕事の疲れが溜まっている
・明日は休みで夜遅くなっても大丈夫
・夜だから興奮してる
・お腹が空いてイライラしてる

最悪です。逆に、休みの日に朝ごはんを食べたあとで話し合うと、

土曜の日中がオススメの理由
・疲れていない
・せっかくの休日を台無しにしたくない
・落ち着いている
・お腹も減っていない

建設的な話し合いができるでしょう。

彼氏と喧嘩しない方法 『喧嘩に発展する前に話を中断する』

初めは冷静に話し合いができていても、ちょっとした事がキッカケでケンカに発展してしまいます。

ケンカになったら『相手に勝ちたい』という欲求が出てしまって、言い方が荒くなったり、違う問題を持ち出してきたりして、だんだんとエスカレートしてしまいます。

喧嘩になってしまうと、二人の間の溝がますます広がってしまうので、溝が広がる前に止めなければいけません。

相手の事を責めるような口調になってきた段階で一旦休戦しましょう。 事前に彼氏との間で休戦協定を結んでおくのがオススメです。

例えば、一方が『話を整理したいから一時中断しよう』と言ったら、どれだけ話したくても中断する、と決めておくと良いでしょう。

彼氏と喧嘩しない方法 『価値観の違いを受け入れる』

冒頭でもお伝えしたように、喧嘩の原因は『自分の気持ちを分かってくれない』という不満です。彼氏の事を好きになればなるほど、自分の気持ちを分かって欲しいという気持ちも強くなり、分かってくれない事にイライラしてしまいます。

しかし、彼氏は他人だし、付き合いも浅く、性別も違う、育ってきた環境も違う。 彼氏があなたの気持ちが分からないのは当然ではないでしょうか。

彼氏とは違う考え方、違う価値観を持っている、という事を受け入れる事で、『なぜ私の気持ちが分からないんだろう』という不満を和らげる事ができます。



スポンサードリンク


コメントを残す