結婚に必要性を感じていないあなたへ


2c288f6c737829445e3a0db1463c5771_s



スポンサードリンク

今の彼の事は好きだけど、結婚しようとは思わない。
だけど、周りからは『本当に彼氏の事が好きじゃないんじゃない?』と言われる。

好き=結婚っておかしくない?

結婚に必要性を感じていない人が増えています。
これまでの『結婚適齢期+好きな人=結婚』という常識が無くなってきたように思います。

 結婚の必要性とは何か?
 結婚しないと何か不都合な事はあるのか?

『結婚の必要性』について考えてみたいと思います。



スポンサードリンク

 結婚は二人の為にするのではない

結婚は誰の為にしますか?と聞かれたら、ほとんどの人が二人の為と答えますが、意外とそうではありません。結婚は二人の戸籍を作る事です。あくまで形式的なもので、そこに感情はありません。

結婚した(婚姻した)から二人の仲が深まるわけではなく、『二人で一つの戸籍を作りましたよ』という証明だけです。

 結婚は二人の為ではなく、違う人の為にするのです。では、誰の為にするのか?

1⃣子ども
二人の間に子どもが生まれた時に、結婚していない夫婦の子は非嫡出子と呼ばれ、母親とは親子として認められますが、 父親は認知しないと親子と認められません。認知なければ、男性は養育費を支払う義務が発生せず、お互いが別れた後は何の義務も発生しません。

また、未婚に対する世間の目が厳しく、未婚の子という事でイジメにあう可能性もあります。さらに、身元保証人になれなかったり、思春期になった時にアイデンティティに悩む可能性があります。

2⃣親戚、友人、知人
結婚する事が当たり前の世代からすれば、未婚は異常な状態です。

両親が良しとなっても、 親戚のおばさんやおじさん、おじいちゃんやおばあちゃんは放っておかないでしょう。

両親が肩身の狭い思いを一生背負う事になります。また友人や知人の中にも、未婚に対して否定的な考えの人がいて、責めはしないけど付き合いが無くなる可能性もあります。

3⃣社会
婚姻の意味は『法的、社会的に認められた結合』です。ここからも分かるように、 社会は婚姻しないと二人の事を認めたくないのです。

今でも『結婚するのが当たり前』という社会的な風潮があって、未婚者に対しては白い目で見る傾向があります。『未婚は異常』という意識がどこかにあって、その人の考えとか価値観を否定しようとします。

 結婚したほうが良い人とは!?

前述したように、結婚によって二人の仲がどうこうなる事はありあせんが、周りとの関係は変わってきます。

結婚すると親戚づきあいとか、社会に対する権利、義務など、色々と面倒くさい事が発生します。しかし、社会全体が結婚する事前提で回っているので、結婚しない場合も面倒くさい事になります。

特に 子どもを産んで育てようとする場合は、結婚していた方が良いでしょう。

親戚関係、社会の目、養育費、相続問題、、、、子どもが不幸になるのは絶対に避けないといけないので、子どもの為に結婚する事をオススメします。

あと、結婚しない事で起こる面倒な事がイヤだという場合も、結婚したほうが良いでしょうね。社会で生きていく立場上、社会に反発しても良い事は少ないように思います。



スポンサードリンク


コメントを残す