キャリアウーマンが結婚できない3つの理由


8dd6f7b51862728c309158d717c6cd25_s



スポンサードリンク

バリバリ働く女性が増えて、社内でも出世コースに乗るキャリアウーマンが増えました。そんなキャリア女性で問題になるのが『結婚をどうするか?』です。

一般的にキャリアウーマンは婚期が遅れる傾向にあります。40歳を過ぎて一人で生きていく覚悟を決めた人もいるのではないでしょうか?周りからは『なぜ結婚しないの?』と聞かれるけど、決して結婚したくないのではなく、ただ『結婚する相手がいない』からだと思います。

 なぜキャリアウーマンは結婚できないのか?
 仕事もプライベートも両方の幸せを手に入れる為にはどうすれば良いのか?

キャリアウーマンと結婚についてご紹介します!



スポンサードリンク

 キャリアウーマンを結婚相手に選ぶ男性が少ない

20代から30代の男性に対するアンケートでは、『仕事を優先する女性と付き合うのは有?無?』との質問に対して、『有り』と答えた男性は8割弱という結果でした。この結果を見ると、キャリアウーマンと恋愛できる男性が多いように思います。

ところが、同じ男性に対して『仕事を優先する女性と優先しない女性、結婚するならどっち?』と質問すると、『優先しない女性』と答えた男性は7割弱となったのです。

この結果から 『キャリアウーマンと付き合うのは良いけど、ずっと一緒にいるのはイヤ』という男性心理が見えてきます。

なぜキャリアウーマンと結婚したくないと思うのか?男性の本音は 『自分が上に立てないから』です。

男性は競争心が強く、女性に負ける事を極端に嫌います。結婚相手に対しても同じで自分よりもできない女性と結婚したいと思う傾向があります。だから保育士、一般事務、受付、などが結婚相手として人気なのです。

キャリアウーマンと呼ばれる女性よりも仕事ができる男性は少なく、 結婚相手の母数が少ないことが、キャリアウーマンが結婚できない一つ目の理由です。

求める男性を間違っている

キャリアウーマンと呼ばれる女性は、ノンキャリの女性に比べて 結婚相手に求める条件が高い傾向があります。

特に、自分が仕事ができるので、結婚相手にも『仕事ができる』という条件をつけていると思います。だけど、その条件をクリアできる男性は少なく、いたとしてもすでに結婚している可能性が高いでしょう。

結婚相手に求める男性が間違っている

自分よりも弱い女性と結婚したいと思っている男性が多い中、 『女性に守って欲しい』という男性がいます。まだ少数ですが、若い男性に徐々に増えてきており、いわゆる専業主夫志向の男性です。

キャリアウーマンが狙う男性はまさに専業主夫思考の男性です。専業主夫志向の男性と結婚すれば、仕事から離れるのは出産の前後だけで、キャリアも守れるし、家庭の幸せも築きやすくなるでしょう。

 仕事を取るか?結婚を取るか?と考えてしまう

結婚したいと思うような彼氏ができた時に、結婚後もバリバリ仕事がしたいと言うと彼氏が嫌がるので、『仕事を取るか?結婚を取るか?』と考えてしまって、結局仕事を選んでしまう人が多いように思います。

なぜ男性はバリバリ仕事をされるのが嫌かというと、 自分が家事育児を担当しないといけなくなる事が面倒だし、自分の仕事ができなくなると思うからです。

そこをクリアできれば、バリバリ働いてもらってもOKという男性は多いので、『仕事を取るか?結婚を取るか?』と考える前に、『家政婦とかベビーシッターを雇うから、あなたの負担はありませんよ』と伝えてみてください。



スポンサードリンク


コメントを残す