結婚できる男できない男の違いとは!?


bride-690292_640



スポンサードリンク

 有名な私立大学を卒業して
 ある程度規模の大きい会社に勤めていて
 見た目もそれほど悪くない

だけど、結婚できないという男性が増えています。昔の基準でいくと、かなりの確率で『結婚できた』はずの男性なのに、なぜ結婚できないのでしょうか?

結婚する男性に求められている能力が変化した

女性が仕事をバリバリこなし、男性と同じ収入を得る女性が増えました。女性が結婚する理由だった『夫に養ってもらう』という理由が無くなった今、男は仕事を頑張って稼いでいれば良いという時代は終わりつつあります。

今の『結婚できる男』はどういう人物なのか?
女性は男に何を求めているのか?

結婚できる男できない男の違いについてご紹介します!



スポンサードリンク

 男に求められる能力の変化とは!?

バブル全盛期の1980年代末~1990年代、結婚する男性の条件は『高収入、高学歴、高身長』でした。とにかく、 男に求められていたのは『お金を稼げる能力』でした

しかし、女性が男性と同じぐらいの収入を得るようになった今、男性に求められているのは、決してお金を稼げる能力だけではありません。もちろん、専業主婦志向の女性や、お金を稼ぐ能力の低い女性は、結婚相手に『高収入』であることを求めると思うし、お金を稼げる女性であっても『無いよりはあった方がいい』と思っているでしょう。

だけど『高収入』なのに結婚できないのは、それ以外の能力を重視しているからだと考えられます。

妻が離婚を申し立てる割合は全体の7割強

今の男性に求められる能力は、 妻の離婚原因にヒントが隠されています。司法統計によると、離婚を申し立てる件数は、妻が全体の7割強となっていて、妻が夫にどれだけ不満を感じているかがわかります。

司法統計では離婚原因として『性格の不一致』が多数を占めていますが、この中には様々な理由が隠されていると思います。

その中でも、多くのマスメディアで盛んに取り上げられている妻の不満が

夫に対する妻の不満
夫が家事育児を手伝わない
夫の行動や言動にイライラする
夫が何を考えているか分からない

という事です。これらが蓄積していき、やがてドッカーンと爆発するのでしょう。

妻の不満を発生させない男性が求められている

女性の情報網は恐ろしく速く、そして広範囲に広まっていきます。妻たちの夫に対する不満は未婚の女性に確実に伝わり、それが様々な形で広まっていきます。

夫に養ってもらう必要が無くなった今、女性の中の結婚する理由が『生きる事』から『幸せになる事』に変わり、 自分が幸せになるには『不満を発生させない人と結婚すれば良い』という考えに変わりつつあります。具体的には次の3つが今の男性に求められている能力だと思います。

女性が結婚相手に求める能力
家事能力が高い
コミュニケーション能力が高い
子育てに能動的に関わる



スポンサードリンク


コメントを残す