夫への不満ベスト5


20b9a62730f24a26fbef350ecad88ff0_s



スポンサードリンク

妻が夫にどんな不満があるか知っていますか?
結婚生活に満足できないのは、思いやりがなかったり、自分勝手だったりするのではなく、

お互いの欲求を知らないから

です。同じ人間なのに男女はとんでもなく違っていて、女性だったら分かってくれるだろうという事も、男性にとってはチンプンカンプンなんです。だから言わないと伝わらないし、聞かないと分からないのです。夫に対して妻はどういう不満を持っているのか?ご紹介します!



スポンサードリンク

 愛情表現がない

どうしても日々の生活に追われて、パートナーに愛情を伝える事を忘れがちです。特に女性は気持ちを共有したいという欲求が強く、愛情表現が少なくなると敏感に感じます。愛情を伝えるのは、なにも『愛している』と言うことだけではなく、

 花をプレゼントする
 抱きしめる
 一緒に散歩に出かける
 心のこもった会話をする

など、行動で伝える事もできます。
妻に愛情を伝えましょう。

 会話を聞いてくれない

性別が違う、育ってきた環境も違う、そんな二人が同じ価値観、考えなんてことはありません。二人の間には大きな溝があって、その溝は一生かけても埋まることはないでしょう。結婚生活はその溝を埋めていく作業でもあります。

 二人の溝を埋めていく為に会話が必要なのに、『二人で暮らしているだけで絆は深くなっていく』とどこかで思っていて、あまり話そうとしなくなります。

妻が夫と話をして気持ちを共有したいと思っているのに、夫は仕事にばかり意識が集中して話そうとしない。そのうち妻も話そうとしなくなり、夫に対する不満をずっと持ったまま熟年離婚なんてことになるのです。

 家事育児に参加しない

『イクメン』という、言葉だけはカッコいいものができましたが、今でも 『家事育児は女性がするもの』と思っている男性が大半です。

だからちょっと手伝っただけで『オレは家事育児をこなす良い夫』と思うのです。妻からすれば、10あるうちの1ぐらいしかこなしていません。

 妻が求めている家事育児の負担割合は妻と夫で半々、もしくは妻6夫4です。妻が求める家事育児のレベルはどのぐらいなのか?一度確認してみてはいかがでしょうか?

 給料が安い

『夫婦生活には愛とお金のどっちが大切?』という質問に対して、夫婦生活が長くなるにつれて、 『夫婦生活は愛情よりもお金が大切』と回答する妻が多いようです。

愛はお金で買えませんが、お金がないと愛はなくなります。妻は家事育児があるので、フルタイムで働くことができず、『やりたい仕事があるのに、家事育児があるからできない』と、どこか自分が犠牲になっていると感じています。自分が働けばもっと生活が楽になるのに、働けない現状に悔しい気持ちも重なって、もっと夫に稼いで欲しいと思っています。

 誠実さがない

好きな女性に告白して付き合うようになると『釣った魚にはエサをやらない』という感じで、急に冷める男性がいますが、結婚するともっと顕著に現れます。

付き合ってる間は誕生日を祝ってくれたり、クリスマスにプレゼントをくれたり、料理を作ってくれたり、色々と優しかったのに、結婚した途端『ご飯まだ?』『洗濯物溜まってるよ』『ゴミ落ちてるよ』と 妻からの優しさだけを求めて、妻への優しさが無くなります

結婚しただけで絆が強くなったと感じて、安心してしまい、妻に誠実に向き合おうとしないようになります。

夫婦と言ってもあくまで他人なので、共同生活を送る者として、妻に感謝したり、妻を気遣ったり、妻を喜ばせたり、妻から注意されたら素直に受け止めたり、このような 誠実な対応を妻は求めています



スポンサードリンク


コメントを残す