夫の育児レベルを上達させる方法とは!?


baby-20339_640



スポンサードリンク

最近では家事や育児を積極的にこなそうとする男性が増えました。

昔は家事育児と聞くと『男がするなんてみっともない』という雰囲気がありましたが、最近では育児がかっこいいという雰囲気になってきています。

とはいえ、どこか『男は仕事』という意識があって、自分から積極的に育児を学ぼうとしません。だから夫の育児レベルはまだまだ低く、外出する時にはぜ~んぶ用意してあげないと、一人で子どもを見れないという家庭が多いと思います。

このままだと、友達との食事会とか、同窓会、エステなど、安心して自分の時間を楽しむことができなくなります。どうやったら夫の育児レベルを上げる事ができるのか?その方法をご紹介します!



スポンサードリンク

 自分の頭で考えさせる

仕事でも勉強でも、 誰かに教わるより自分の頭で考えた方が身に付きます

育児だって同じで、あなたも育児で分からないがあれば、本やネットや知り合いからヒントを貰いながら、答えを探していったと思います。

だけど夫はどこか『手伝ってあげてる』と思っているので、自分の頭で考える事を放棄しています。オムツの交換、着替えの方法、ぐずりの対応方法など、どうやったら良いのかを 自分で調べず、『どうやったら良いの?』とすぐに妻に聞いてくる

妻が同窓会を楽しんでいる時でも、エステでリフレッシュしている時でも、お構いなしで電話を掛けてきます。妻も子どもの事が心配だから、聞かれた事にすぐに答えたり、面倒くさいから自分が代わりにしたり、外出する時は細かな手順を紙に書いたりして、完璧なお膳立てをしてあげます。これではいつまでたっても夫の育児レベルはアップせず、『手伝ってあげてる感』は抜けません。

お膳立てをし過ぎない

子どもがケガをしたり、危険な目に遭わなければ良しとしましょう。
夫を鍛えるためにも、子どもに多少の迷惑が掛かるのも仕方のない事です。
夫に自分の頭で考えさせるためにも、お膳立ての量を減らしていきます。
オススメの方法は、 夫に子どもを任せて外出する時に、電話に出ない事。紙に大ざっぱにやり方を書いて、自分の頭で考えさせます。

帰宅した時に、夫から文句を言われても感情的にならず『電話に出れなくてごめんね、でもありがとう』と言いましょう。これを何回か続けていけば、夫も自分で考える事を身に付けます。

 できない事を責めるより、できる事を褒める

妻から見れば、夫の育児は『なんでこんな事も出来ないの?』と思ってしまうぐらい低いレベルだと思います。

だからつい夫の育児にダメ出しをしてしまうのですが、夫は ダメ出しされると『頑張ってやってるのに、何だよ!』と拗ねてしまいます

ますます育児から遠のいてしまいかねないので、 ダメ出しする前に、できている所を褒めてあげましょう

『さすが!覚えるの早いね!』と言ってあげてください。ちょっと褒められれば俄然やる気になるのが男です。 子どもの夫も褒めて伸ばす作戦でいきましょう



スポンサードリンク


コメントを残す