褒め上手な人の5つの特徴


b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s



スポンサードリンク

この人と話していると、いつも気分が良くなる
という人がいますが、その理由の一つに『褒め方が上手い』という特徴があります。

誰かに褒めて欲しい

という感情を誰でも持っているので、褒めてあげると好意の返報性といって、相手も自分の事を好きになってくれます。

ただし、褒め方にも上手下手があって、上手に褒めてあげないと逆効果になる事もあります。例えば美人に『OOさんは鼻が高くて羨ましいです』と褒めたら、その人は鼻が高いことがコンプレックスという場合があります。

どうやって褒めたら相手は喜ぶのか?

褒め上手な人の特徴を5つご紹介します。



スポンサードリンク

相手が褒めて欲しいと思ってるところを褒める

相手が嬉しいと思うために、相手が褒めて欲しいと思っているポイントを見つける事が大切です。そのポイントを見つけるためには観察力と想像力が必要ですが、一番簡単にできる方法は、 その人が話す内容を注意深く聞く事です。褒めて欲しいと思っている所は、会話の中に必ず現れます。

苦手な所をかき出すポイント
1⃣声が大きくなる
2⃣何回も同じことを話す
3⃣話した後にドヤ顔になる

以上のポイントを注意深く観察する事で、褒められたいポイントを見つけましょう。

具体的に褒める

『スゴイ!』とか『さすが!』など、気持ちを表現するだけだと、褒められてる相手は嬉しいんだけどどこかピンとこず、伝わりません。

私も以前『OOさんってスゴイですね!』と褒めたら、『えっ、どういう所が?』と聞き返されて、思わず答えに窮したことがあります。

まず 自分の気持ちを整理してから伝えるように心がけましょう。

間接的に褒める

直接相手から褒められるよりも、他人を介して褒められた方が好感が上がります。第三者に言ってるという事で、ホントに思ってくれてるんだなと思い、 褒め言葉に信憑性が増すからです。

誰と会った場合でも、その人との共通の知人を探して、その知人を褒めるようにしておくと、あなたに対する好意の輪がじわじわと広がっていくでしょう。

褒め過ぎない

とにかく褒めたら良いと思って、バンバン褒める人がいますが、正直言って嘘くさくなります。また『OOさんはうちの会社で一番仕事ができますよね』とオーバーに褒めるのも、嘘くさくなるのでNGです。 相手が望む褒めレベルに合わせて褒める事を心がけてください。

褒めたいと思った所を褒める

人は相手の感情をちょっとした表情の変化で読み取ることができます。褒められても『この人お世辞で言ってるんだな』という事がすぐに分かるんですよね。

たとえば、周りの人が美人と言うから、同じように美人ですねと褒めても、あなたが美人だと思っていなければ直ぐにわかります。

 褒めたいと心から思った所を褒めるようにしましょう。褒めたいと思う所は、その時の自分の心理状態や経験などにより変わっていくので、人それぞれです。

あなただけの褒めポイントを探すのも楽しいですよ。



スポンサードリンク


コメントを残す