離婚したほうが良い夫の3つのタイプ


https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-C778_yameteanata-thumb-1000xauto-14866



スポンサードリンク

離婚するとなると、

 子どもの養育権や財産分与で揉めたり
 離婚後の生活費の問題があったり
 親類関係など世間体の問題があったり

色々と鬱陶しい問題がありますが、一番大切なのは

自分と子どもの幸せ

です。夫と離婚したいけど、自分が変われば何とかなるのでは?と思っていませんか?

実際にやり直せる夫はいると思います。たとえば、勢いで他の女性と行為に及んでしまう事は、長い人生の中で1度ぐらいは起りうることです。離婚をグッとこらえて、やり直せば、その後は円満に行っている夫婦もたくさんあります。

しかし、一方でやり直せないぐらいヒドイ夫もいます。やり直すのが無駄な困った夫とは、別れた方があなたと子どもは幸せになります。

離婚したほうが良い夫のタイプを3つご紹介します。



スポンサードリンク

離婚したほうが良い夫のタイプ 『浮気・暴力・暴言・借金を繰り返す』

周りから見たら、絶対に離婚したほうが良いようなタイプの男性だと思いますが、当事者になると『良い所もあるし』とか『たまに優しくなる』といった具合に、良い所を探してしまって別れられない人がいます。

しかし、残念ながらこういうタイプの人間は 『自分の幸せ』しか考えていなくて、夫婦としてやっていこうと思っていません。自分が幸せになるために周りがいると思っていて、妻や子供を幸せにしたいとは思っていないのです。

浮気を繰り返す夫は、口では良い風に言うかもしれませんが、行動が伴いません。本心では『自分が幸せになれば良い』と思っている証拠です。

特に 子どもに対して暴言を吐いたり、暴力をふるう場合は、即効で別れた方が良いでしょう。

経済的な問題とか、夫に対する淡い期待があると思いますが、あなたが考えないといけないのは、子どもの幸せです。

 子どもを幸せにできるのはあなたしかいないのです。子どもを不幸にする行動を取る夫から、子どもを守ってあげてください。子どもの幸せがあなたの幸せになるはずです。

離婚したほうが良い夫のタイプ 『家事育児を一切しない』

男性は基本的に家事育児の能力が低く、また、どこか家事育児を見下している所があります。だけど、普通の夫の場合は、妻と子供と幸せな家庭を築くために、家事育児に参加しようと思います。

そんな中、一切家事や育児をしない夫がいます。そういうタイプの男性は『家事育児は妻の仕事』と割り切っています。

結婚当初は家事に協力的だった場合は、家事育児をしなくなった原因があるので、その原因を取り除けばやり直せる可能性は有ると思いますが、結婚当初から家事を分担する気も、手伝おうとする気もないような夫の場合は、これからも家事育児をする事はないでしょう。

自分が我慢すれば良いと思うかも知れませんが、 結婚生活を積み重ねていくほどストレスも積み重なっていき、長く一緒に居ればいるほど自分が不幸になっていきます

そんな状態で、子どもを幸せにできるでしょうか?子どもの幸せを考えてあげてください。

離婚したほうが良い夫のタイプ 『家族を支配する』

今は女性の社会進出が進み、妻の自己実現を図れるようになりました。

やりたい仕事についたり、資格を取ったり、趣味を楽しんだり、、、 妻の自己実現のために夫も協力するのが、夫婦本来のあるべき姿だと思います。

ところが、妻が仕事をしたり、趣味を楽しんだりするのを反対する夫がいます。妻の意識が家庭以外に向く事を快く思わず、妻が働こうとすると猛反対します。

高収入の男性ほどこの傾向があって、普段は妻にも子どもにも優しい夫で、周りから見ても『素敵なご主人』と言われるようなタイプですが、 優しいのは『妻や子どもが自分の言う事を聞く』からであって、本心では家族を支配したいと思っているのです

結局は自分の幸せだけを考えている

結婚生活を送っていると、自分の思い通りにいかない事が山ほど出てきます。相手の価値観を認めたり、相手に合わせたりと、我慢する事がいっぱいです。だけどこのタイプの男性は、自分の幸せだけを考えていて、妻や子供の幸せを考えていないのです。



スポンサードリンク


コメントを残す