友達ができない人の5つの特徴


kids-71716_640



スポンサードリンク

友達がいないと、何をやってもつまらないですよね。
楽しいことも、嬉しいことも、誰かと共有する事で何倍にも膨らみます。

なぜ、友達ができないんだろう

友達が欲しいのに、なぜか友達ができないって人が結構います。ある程度は仲良くなるけど、友達までには発展しなかったり、なぜか避けられるようになったり、、、

もしかしたら友達ができない行動を取っているかも知れません

友達ができないと悩んでいる場合、これからご紹介する友達ができない人の特徴を持っていないか?チェックしてみてください!



スポンサードリンク

友達ができない人の特徴 『考え方が暗い』

顔つきが暗くても友達はできますが、考え方が暗いと友達はできません。

よく喋るのに友達ができないのは、考え方が暗いから

例えば、友達同士でレストランに食事に行った場合、
 友達がボリューム満点のメニューを選ぶと『うわ~スゴイね!太りそう~』
 レストランのスタッフを見て『ココのスタッフ、愛想悪いね』
 食事を食べていると『あまり美味しくないね』

こういう、 空気をマイナスにする人っていますよね。何でも悪い方に捉えて、人を不快な気持ちにさせる人。その人の考え方なんだから仕方がないのですが、こういう捉え方をする人とは一緒に居たいとは思わないですよね。

友達ができない人の特徴 『自己チュー』

自分が中心になりたい人っていますよね。
友達は平等な関係で、主役、脇役がない関係なのに、常に主役になりたがる人。
どこかに上下関係の意識があるのだと思います。

 自分ばっかり話している
 自分の話中心になる
 友達の話を聞かない、聞いていても上の空
 自分のスケジュールに合わせようとする
 行先を決めたがる

 自己チューな人は、自分が自己チューだと認識していないからタチが悪いんですよね。

『いつも自分の話が中心になっているな~』と思ったら、自己チューになっている可能性があるので、注意したほうが良さそうです。自己チューが一人いるだけで、最高に不愉快な気分になるので、、、。

友達ができない人の特徴 『考えが厳しい』

 信号無視をするような人は許せない
 仕事ができない人間は社会人として失格だ
 お礼をメールで済ますのはマナー違反だ

信念を持つことはとても良いことだと思いますが、厳しい考えを友達に伝えてしまうと『この人が嫌がる行動をしてはいけない』と思って、 友達は委縮してしまいます

友達が厳しい考えを持った人ばかりだったら良いと思いますが、厳しい考えを持った人なんてそんなにいませんよね?自分に甘いし、怠けてしまうし、仕事は嫌い、それが普通だと思います。

だけど、 自分に厳しい人は、自分の考えを他人に押し付ける傾向があって、怠けてしまうような人を許せないと思います。それが態度や言動に出てしまって、友達ができないんですね。

友達ができない人の特徴 『押しつけがましい』

自分が友達に喜んでほしいと思ってやる事が、相手にとっては単なるお節介って事が結構あります。

 (親切にすると)えっ、そんな事までしてくれなくて良いけど
 (アドバイスすると)別にそんなアドバイス要らないんだけど
 (何かをすすめると)なんか押し付けられてる感じだな

特に 『自分は親切な人間だ』と思っている人ほど要注意。相手は迷惑に思っている可能性が高いと思います。

どこまでが親切で、どこからがお節介になるのかは、相手によって変わってくるので一概には言えませんが、友達に何かしてあげようと思った時に、突っ走るのではなく『これはお節介ではないか?』と一呼吸置くと良いでしょう。

友達ができない人の特徴 『友達を下に見ている』

仕事や勉強がデキる男の人に多いのが 『自分が一番偉い』と思ってるタイプです。

仕事や勉強ができる人間が偉くて、できない人間はバカだと思っていて、それを態度に出してしまいます。

友達関係は対等な関係なのに、どこか上下関係を求めていて、自分が優越感を感じれる人としか付き合おうとしません。口を開くと自慢話ばかりで

 (友達がボーナス無いのに)ボーナス100万しかなくてさ~
 今月営業成績トップだったんだよね
 なんで俺ばっかり頼られるのかな

他人の自慢話は毒です。毒ばかり振りまく人と付き合いたいと思わないですよね?



スポンサードリンク


コメントを残す