妻への不満ベスト5


327c2d5380f4d3171f3c61f23bdb00b2_s



スポンサードリンク

夫は妻にどんな不満があるか知っていますか?
結婚生活に満足できないのは、思いやりがなかったり、自分勝手だったりするのではなく、

お互いの欲求を知らないから

です。アンケートを取ると、夫は妻に比べて夫婦生活に不満を持たない傾向がありますが、それはあくまで表面上にすぎず、妻に対する不満がどこかにあって、それが不倫という形で表れます。

夫は妻に対してどういう不満を持っているのか?ご紹介します!



スポンサードリンク

 性生活が満足できない

男性にとって、セックスは愛情を与えてくれる大切なものです。逆に女性は、男性からセックス以外の愛情表現を受け取る事ができるし、子供が居たりペットが居たりすると、そこから愛情を感じる事ができるので、セックスに頼る事はありません。

また、男性は『種の保存』という本能があるので、男っぽい男性ほど性欲が強く現れます。だけど、ドラマチックではない日常生活を送っている中で、妻に対して何回も求めるのは『がっついてる』感じがするのでしたくありません。できれば、 妻から誘って欲しいと思っています。

男性が不倫するのは『妻との性生活に満足できない』という理由が多いように思います。夫は性生活に満足しているか、話合ってみてください。

魅力がなくなった

男性は視覚が発達しているので、 外見で女性の魅力を判断しようとします。もちろん、性格とか価値観が合うから結婚するのですが、女性の外見やしぐさの魅力は男性の中で存在が大きく、半永久的に求めるものです。

妻が太ったり、ファッションやヘアスタイルが魅力的でなくなると、妻に対する愛情が冷めてしまい、性活動も活発にしようとしなくなり、他の女性に目がいってしまって、気づけば不倫という形になってしまいます。

 レジャー活動が楽しめない

夫は妻に対して、異性としての付き合いだけでなく、一緒に遊ぶ事を楽しめる友達としての付き合いも望んでいます。

子どもが生まれると、どうしても子どもが中心の生活になって、夫婦で遊びに行く機会も減りますが、 付き合ってる頃のような二人だけの楽しい時間を思い描いていて、一緒に夕食に行ったり、映画を見たり、コンサートや演劇を見に行ったり、二人だけの時間を過ごしたいと思っています。

たまには両親に子どもを預けて、夫婦だけの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

 自分を立ててくれない

亭主関白という言葉は死語かもしれませんが、今でも男性の理想的な夫婦関係です。この意識があるから、食事の支度、掃除洗濯、子どもの世話など、家事育児を妻に求めるのです。

共働きだし、夫が家事育児をしない理由がないので、頭では家事育児をする事を理解できます。しかし亭主関白でいたいという気持ちがどこかにあるので、家事や育児を妻と半々にする事が嫌で、できれば妻が7、夫は3ぐらいにして欲しいと思っています。

 褒めてくれない

夫婦生活を送っていると、 夫の家事育児能力の低さにダメ出しばかりしていると思います。妻も働いている共働き世帯だと『オレは働いている』と言い訳する事もできず、肩身の狭い思いになるのです。

夫は 妻から褒められたい、評価されたい、感謝されたいと思っています。妻からすれば当たり前の事でも、『洗濯もの干してくれてありがとう』とか『子どもの世話をしてくれてありがとう』と言ってあげてください。

その言葉だけで、夫はやる気満々になってもっと家事育児を頑張るようになるでしょう。



スポンサードリンク


コメントを残す