何がしたいか分からない場合の3つの解決法


8815eb8e6dc4818f2961e251b1bdb1a6_s



スポンサードリンク

みんなが就職活動してるから、一応就職活動してる。
だけど、何となく説明会に参加したり、面接を受けている状態で

何に対してもハマれない、何がしたいかわからない

という人が沢山います。

 新卒で入って3年で辞める人
 転職を繰り返す人
 就職せずにフリーターになる人

どうしたら、本当にしたいことを見つける事ができるのか?
何がしたいか分からない場合の解決法をご紹介します!



スポンサードリンク

 焦る必要はない

『何がしたいか分からない』状態だと何となく焦りますよね。
友達は『OOがしたい』といってドンドン就職活動していて、内定を貰っているし、親からは早く内定を貰うようにせかされるし、テレビをつけたら就職活動真っ最中の学生がインタビューを受けている、、、。

自分だけが取り残されている感じがする

でも、新卒で入って3割は辞める時代です。これがしたい、あれがしたいと思って入社しても、人間関係が悪かったり、待遇が悪かったり、仕事内容が思ってたのと違ってたり、入社前にイメージしていた事と現実は違っていたなんて場合が多くあります。その時に 『本当にやりたい事ではなかった』と気づいて、辞めてしまうのです。そんな人が3割もいる時代です。

みんな『やりたい事が分からない』と気づいていないだけ

 やりたい事が見つかるまでの時間は人それぞれです。幼い頃から見つかっている人もいれば、転職を何回も繰り返しようやく見つかる人もいます。人生は人の数だけあって、やりたい事が見つかるまでのプロセスも人それぞれです。それがその人の人生なのです。

できれば早めにやりたい事を見つけたいと思いますよね?

その為のオススメの方法をご紹介します!

 何がしたいか分からない場合の5つの解決法

1⃣したくない事を考える
『これがしたい』とか『あれがしたい』など『したい事』を考えると、選択肢があり過ぎて選ぶことができなくなります。メニューの種類が有り過ぎて選べない状態と同じですね。仕事を辞める原因は『自分がしたくない事をしている』と思っているからなので、 したい事ではなく『したくない事』を考えましょう。たとえば

 土日祝日に働くのはイヤ
 残業はイヤ
 人から指示されるのはイヤ
 夜勤はイヤ
 女性が多い場所はイヤ

イヤな事をたくさん出していって、これだけは譲れないイヤな事を3~5つに絞ります。その イヤな事を裏返すと『やりたい事』になるので、その条件に適した会社を探すようにすればいいのです。

2⃣他人を気にせず『何をしたいのか』自分に問う
自分がしたい事を考える時に、親にどう思われるだろう?とか、友達にイケてるって思われるかな?とか、 周りの人の事を考えていませんか?

介護分野に進みたいけど『介護は低賃金だからやめなさい』と親から言われて諦めたというように、他人から言われて諦めたという場合があると思います。しかし、介護業界でも他業種に比べて高い給料を貰っている人は沢山いますし、独立しやすいというメリットもあります。

周りの人を気にして、自分がしたい事ができずにいると、他人の責任にしてしまって後悔する事になります。 周りの人がいなかったら?と思って、本当にしたい事を自問してみてはいかがですか?

3⃣手当たり次第に体験する
したい事を見つける為の手っ取り早い方法は『体験する事』です。 チャンスは1度だけではなく何回でもやってくるので、気負わず手当たり次第に体験しましょう。体験とは転職活動を何回もするという事ではなく、

 その分野で働く人に会って話す
 その場所に出かけてみる
 その分野に関する教室とか学校に入る
 バイトで入る

など、色んな方法で体験すると良いでしょう。
きっとヒントが見えてくると思います。



スポンサードリンク


コメントを残す